情報世界の新世界創造 第一章 第5話 ミドル・エピソード・サラ 『サラの難しい話』

前のページ  目次  次のページ


ポチポチポチポチポチ・・・

(いつまで続けるつもりかしら)

ポチポチポチポチポチ・・・

(なにか情報が欲しい)

ポチポチポチポチポチ・・・

(いつまで・・・)

ポチポチポチポチポチ・・・



ポチポチポチポチポチ・・・



ポチポチポチポチポチ・・・



「ちょっと!なにやってるの!」


「え?俺はサラに言われた通りボタンを押してただけで」


ポチポチポチポチポチ・・・


「今何時だと思ってるの!朝から夜までずっとボタンを押して!頑張りすぎよ!休憩しなさい!」


「そうか?俺はまだやれるぞ」


ポチポチポチポチポチ・・・


「あなたはそれでいいの?ただボタンを押しているだけで!あなたは
「ああ、俺は世界が見たい!そのためならこのくらい」

(そうか、世界が見たいんだ、私も見たい。世界を見たい!まずはあいつと一緒に世界を見ることを目標にするのが良いかもしれない)

ポチポチポチポチポチ・・・


(でもそのためには、ボタンを押すなんてどうでもいい事、とりあえずやめさせないと)

「もう・・・いいのよ・・・」


「え?」


ポチポチポチポチポチ・・・


(お願い、自分で考えて・・・)

「見てられないの」


「どうしたんだ?」


ポチポチポチポチポチ・・・

(あなたの考える世界を私に教えて・・・)

「世界が見たい、それだけならそこまで頑張らなくていいのよ!そんなこと頑張っても本当は意味なんてない。」


「でもサラも頑張ってボタンを押してって・・・」


ポチポチポチポチポチ・・・


「違うの!そうじゃないの!」


「俺には、サラの話は難しくて分からないよ」


ポチポチポチポチポチ・・・


「ごめんなさい、私がもっとうまく伝えられたらいいのだけど。私のせいなの、私が・・・そうだわ、私と話している間だけでも、ボタンを押すのはやめてくれないかしら?最低限のマナーだと思うのだけど」

(また、私は嘘をついた。マナーなんて・・・私がやらせているのに)


「あ、ああそうだな。悪かった」


「いいえ、私が悪いの。私はまた・・・ごめんなさい。」

(どうしたら・・・)


「どうしたんだ?」


「私は・・・そうよ、私はあなたともっと話していたいの!」


「どうしたんだ急に可愛くなって」


「ち、違うの!勘違いしないで!」


「何が違うんだー?」


「もういいから、今のはナシ!忘れて!」

(びっくりした、私は何を考えてあんなことを口に・・・)


「えー、忘れるなんてもったいない」


「話を変えるわよ!」

(そうだ、まずは名前を聞こう)


「はいはい、それで話したいことって何かな?」


「あなた、まだ自分の名前は思い出せないの?」


「そうだな、全く分からない」


「もう、不便だから今考えなさい!」


「そんなこと急に言われてもなー」


「いいから考えて!私は3秒で自分の名前をつけたのよ」


「かなり気になることをさらっと言ったが、まあいいか、それはすごいな。そうだ!じゃあサラが俺の名前つけてくれよ」


「そ、そんな重大なこと私に任せていいの!?」


「俺、サラと話してる時が一番楽しいんだ。サラになら、安心して任せられる」

(また私なのね・・・でも、不思議と悪い気はしない。あいつの名前、考えてみようかしら?)


そうだ、俺はサラと話すために生きているんだ。


「ちょちょちょっと待ちなさい!それ恥ずかしいから禁止!また内心が漏れてるから!2重に漏れてるから!」


「いいんだよ、サラなら」


「違うの、私以外にも見えちゃうから!恥ずかしいからやめて!」


「え!?サラ以外にだれが居るんだ?」


「知らないわよ!そこまでまだ考えてないもの」


「またサラの難しい話が始まった」


「はあ、そうね。とにかく、会話はそこにいる人にだけ聞こえるの。聞き耳をたてている輩でもいない限りね。そしてここはあなたの土地だからその心配もいらない。そういう設定だから覚えておいて」

(人なんて、作れるのかしら・・・やってみるしかない)


「分かったよ・・・」


「ちなみに、特定の人だけに伝えたいことを小声で話すこともできるわよ」

(とりあえずそれらしい設定からだ。この世界には人が居る)


「どうやって?」


「そうしたいと思うだけでいいの、2人じゃ試せないわ」

(お願い!)


「そうか、またの機会にだな。それで、名前をどうしようか」


(あら?諦めるのね・・・)

「いいわ、考えてあげる。1日待って」


「3秒でできるんじゃないのか?」


「それは自分の名前だもの。あなたの名前を考えるのなら、もっと慎重にしないと」


「そんなものか」


「そんなものよ」

 

 

前のページ  目次  次のページ